年収480万(税込)のサラリーマンが2009年3月27日(金)までに228万円の借金を完済目指して奮闘していきます。(2009年1月27日7ヶ月で完済しました。)

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

借金ランキングで驚異の返済方法を確認
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借金ランキングで驚異の返済方法を確認

完済後私の返済手法をまとめてみましたので小出しに書いていきますね。

※毎月の返済可能額が、支払うべき利息金額を下回ってしまう方には通用しない手法もあります。そうした方は弁護士に相談されることを強くお勧めします。

【借金と向き合う】

借金のことは、常に何とかしなくちゃと思いながらもなるべく考えないようにしていた(矛盾していますが借金持ちの心理ってこんな表現がぴったりなのかな)のを、正面から向き合うようになりました。きっかけは「結婚」です。結婚するには借金をどうにかしなくてはならない、という心理からまずは状況を直視しようという考えが芽生えたわけですね。

あとは、2ちゃんねるの借金生活版を覗けるようになったことですかね。借金があるくせに自分には関係ない、と見ようとしなかったのを見るようにしました。2ちゃんねるって借金持ちは徹底的に叩かれるんだろうな、という先入観があったのですが、実際にはそれほど多くなく、アドバイスをしてくれる人の方が多く見受けられ、叩かれていても「多重債務者が結婚なんて夢見てんじゃねーよプギャー」といった感じの2ちゃんねるではある意味「普通の」叩かれ方だったのですんなりと入り込めた気がしますw

ROM専でしたがww


↓↓応援クリックお願いしますm(_ _)m↓↓


■■債務・借金ランキング■■

■■借金苦ランキング■■

スポンサーサイト
借金ランキングで驚異の返済方法を確認

【毎月の返済額は現状いくらなのかを正確に計算する】

私の場合、プロミスに毎月30,000円返済というのしか正確な返済額がわかっていませんでした。残り3社の返済額はネットの会員画面で調べたり、届いてそのまま捨てていた明細を捨てずに見たりして把握しました。ブログを開始した2008年7月ですと、従来どおりの額で返済していたら101,391円でした(実際は421,391円返済)。

この段階では返済以外の出費を全く把握できていなかったので、手取り28万で10万円返済なら何となくちんたら返済していても大丈夫かな、くらいの認識でしかありませんでした。しかし、実際に正確な返済額を知ったことにより、それ以外の支出は一体どれくらいあるのだろうか、という興味を持ち始めました。

利息については、正直殆ど気にしていませんでしたので、当初は過払いがどうのとかいう話も聞く耳を持っていませんでしたね。後からとんでもない利息を支払い続けてきたんだという事実が発覚して、重い腰を上げて訴訟まで起こしたんですが、当初は裁判がめんどくさかったので、裁判しないでも請求に応じるOMCくらいは返還してもらおうかな、という程度の軽い気持ちでした。

今はちゃんと請求できていることを感謝しております。先人の方々どうもありがとうございました。


↓↓応援クリックお願いしますm(_ _)m↓↓


■■債務・借金ランキング■■

■■借金苦ランキング■■

借金ランキングで驚異の返済方法を確認

ボーナス支給月(7月)に本格返済を始めたので、スタート月に一気に40万円以上返済したのが勢いをつけてくれました。当初、7月は25万の返済にしようと思っていましたが、「ここで思い切ってあと15万入れてしまえば後が楽になる」と思ってプラス15万円をさらに追加しました。それがブログを開始する前の7月10日のボーナス日のことでした。

が、スタートダッシュを決めたとはいえ、

「勢いでたくさん返済してお金なくなっちゃったけど、とりあえずなんとかなるかな」

と、あまり後先を考えていない形でのスタートダッシュだったように思います。生活費の全貌がまだ見えていない状態での無計画な繰上返済でしたから。後先考えず欲求に任せて夜遊びしちゃうのと同じです。

本質的なところは借入、返済を繰り返していた頃と何も変わっちゃいなくて、お金を使うという行為がたまたま返済というベクトルに向いていただけだったんだと思います。

が、

結果的にこの時の勢いが完済期日を早めてくれたんだと思っております。がむしゃらに返済した、という言葉がぴったりだったのかもしれません。


↓↓応援クリックお願いしますm(_ _)m↓↓


■■債務・借金ランキング■■

■■借金苦ランキング■■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。