年収480万(税込)のサラリーマンが2009年3月27日(金)までに228万円の借金を完済目指して奮闘していきます。(2009年1月27日7ヶ月で完済しました。)
借金ランキングで驚異の返済方法を確認
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借金ランキングで驚異の返済方法を確認

先日生命保険料の振替口座変更のためにコールセンターへ電話をしました。

私「保険料の支払口座の変更をお願いしたいのですが」

オペレータ「かしこまりました。それでは○○様について何点かご質問させていただきたいのですが」

私「わかりました」

この後生年月日やら住所やらを言わされました。

ここまでは本人かどうかの確認が必要だと思いますので違和感なくやりとりをしていたのですが、この後、

オペレータ「それではもう少し調べさせていただくことがございますので、折り返しこちらからお電話差し上げます」

とのこと。何を調べるのか知りませんが、一応言われたままにして電話を切りました。

15分くらいしてコールセンターからの電話が鳴りました。

オペレータ「○○様の担当を通してお話をしていただきたいと思いますので、後日担当からお電話差し上げます」

とのこと。なんだそれ。

かなりキレ気味に、

私「こちらは必要書類を郵送して欲しいだけなのに、どうしてそんなにまだるっこしいことをしなくてはいけないのですか?」

オペレータ「それはコールセンターにご連絡をいただきましたので…こちらには書類はございませんので」

私「では何故ホームページに変更の際にはコールセンターへ連絡するようにという旨が明記されてるのでしょうか。初めから担当に連絡するように書いておけばいい話なのではないのでしょうか。どうゆうことなんですかね。」

オペレータ(半泣きで)「も、申し訳ございません。そのような仕組みになっておりますので…」

私「いいから書類を郵送してください。個人情報は全て正確にお伝えしましたので私が本人に間違いないでしょ。」

オペレータ(半泣きで)「申し訳ございません。担当がご連絡差し上げますのでその際に郵送のお話をしていただけないでしょうか」


ちょっとオペレータの子がかわいそうになってきたので、結局言うとおりにしました。


結局担当に保険見直しの話をさせたいからこうゆうようなフローをとってるんでしょうけど、客のことなんか全然考えてないですよね。どうしてこんな二度手間をとらせるんでしょうかね。


んで、今日になって私の担当という人から電話が入りました。

担当「次回更新まで3年を切っていますね。(見直しの話をしたいので)○○様のお休みの日を教えてください。」

やっぱりそうかよ…呆れ気味に、

私「保険の見直しの話は別の担当から散々聞かされてますから結構です。用件は必要書類を郵送してくださいということだけですので。」

担当「あら、そんな話は聞いてませんでしたけど。では私が切手を貼っておきますのでその封筒で私宛に返送してください。手続きに時間がかかるので反映は10月になりますよ。」

なんだその言い方。切手代くらいで恩着せがましい言い方するなよ。確かに80円あればカップラーメンが食えるけどさ。

今まで何人も保険外交員と話をしてきたけど、ここまで高圧的なババア外交員は初めてでした。

上から目線の営業はどの業界でも通用しませんよ。


保険会社乗り換えしちゃおうかな、と思った今日この頃でした。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。