年収480万(税込)のサラリーマンが2009年3月27日(金)までに228万円の借金を完済目指して奮闘していきます。(2009年1月27日7ヶ月で完済しました。)
借金ランキングで驚異の返済方法を確認
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借金ランキングで驚異の返済方法を確認

完済したら作りたいカードがあるんです、って前からほざいてるんですけど、

それは、

セゾンアメックスカードなのであります。

何故作りたいかといいますと、

まず、巨人戦のチケット先行販売(抽選)に参加できるってのが第一です。ファンクラブの先行販売(抽選)もあるんですけど、昨年は当選ゼロでしたorz私の彼女も当選ゼロ…これだけ当たらないと別の手段を考えないとってことで、このセゾンアメックスカードを作ろうと思っています。

他にJCBのプロ&キッズカードも先行販売(抽選)をしているんですが、こちらは観戦仲間に聞くところによると、当選確率がファンクラブ並に悪いということなので、とりあえずは作らないでいいかなって思っています。

第二には、私の愛する西友で利用するためですwポイントの交換アイテムも意外と良いものがそろっているので、作ったらカード払いでショッピングしちゃいたいと思います。私にとっては一石二鳥のカードなのであります。

一応、完済後の個人信用情報がどうなっているか、全情連CICに確認をしてから申込をしないとまずいですかね。個人信用情報の更新って月に1回程度しかない、という話をどこかで聞いたことがあるので、完済後1ヶ月以上開けてから確認をして、それで大丈夫だったら申込してみたらいいかな。

属性的にはゴールドカードでも大丈夫そうなんですけど、審査に落ちるのが怖いヘタレなので普通のカードで申し込みますw

早く完済してーなー。完済して申込時の「他社借入額」の欄に「0」って書きたいっ。


↓↓応援クリックお願いしますm(_ _)m↓↓


■■債務・借金ランキング■■

■■借金苦ランキング■■

スポンサーサイト
借金ランキングで驚異の返済方法を確認

プロミスに借入していたとき、月に1度は電話がかかってきていました。多いときですと週に3回くらいかかってきた記憶があります。

一切出ませんでしたけど。

なんで出なかったのというと、

怖かったからです。取立ての電話だと思っていたからです。

消費者金融は、自由返済方式といって好きなときに好きなだけ返済ができる方式をとっています。毎月利息だけ支払っていれば取り立てに追われることはないと思います。私の場合、本格返済を開始する前は毎月30,000円の返済をしていたので、元本12,000円、利息18,000円くらいの割合で返済をしていました。

が、

プロミスのATMで返済するときって、「ご返済希望額」みたいなのが画面に出るんですよね。90万円以上借入があったときはその希望額が40,000円だったように思います。30,000円の返済じゃ足りないわけですよ。でもそれ以上の返済は難しかったので無視していました。

なので、プロミスからの電話は、「希望額の返済してねえじゃねえかゴルァ!」とキレられるんじゃないかと思ってビクビクしていましたよ。着信拒否設定しても、回線をいくつももっているので違う番号でかけてくるんです。いやだいやだ。

で、ずっと出なかったので、

一度会社に直接電話してきたことがあったんです。在籍確認する時にのように「○○ですが」と個人名を語って。ちょうど私が電話を出たので怪しまれずに済みましたが、用件は、「利息を下げます」という内容の電話でした。あ、取立ての電話じゃないのね。と安心しましたよ。小額でも元本を返済していたので取り立てられることはまずないのですが、無知って怖いですよね。

その電話の中で少し質問をされて、その日から利息が25%から23.5%に下がったのかな。思い切り利息制限法違反ですけどw

今はもう解約したのでそんな電話も一切なくなりましたが、

提訴してんだよね、俺。訴状が届いたら連絡するって言ってたのにしてこねーじゃねーかゴルァ!!もう1ヶ月近く経つので訴状が届いていないわけないし、第一回口頭弁論はもう来週です。

と、いうわけで、

明日仕事が休みなので午前中にプロミスに連絡を入れます。ご丁寧なことにフリーダイヤルを用意しているので、そこに電話して「おたく和解の意思あんの?」という形で交渉していきたいと思います。

借りてるときは散々電話してきたくせに、いざ逆の立場になるとこうかよ…

って私も人のこと言えないかw電話でなかったんだしw


↓↓応援クリックお願いしますm(_ _)m↓↓


■■債務・借金ランキング■■

■■借金苦ランキング■■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。