年収480万(税込)のサラリーマンが2009年3月27日(金)までに228万円の借金を完済目指して奮闘していきます。(2009年1月27日7ヶ月で完済しました。)

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

借金ランキングで驚異の返済方法を確認
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借金ランキングで驚異の返済方法を確認

仙台研修旅行から2年後、私はその当時よりは少しだけ出世していました。上司も変わって自分の意見が言えるようになった時期って言うんでしょうか。部下も何人かできて楽しく仕事をしていたように思います。

そして、その部下達と、プライベートで旅行へ行くことになりました。

行き先は、宇都宮。

旅行の目的は「餃子」を食べること。宇都宮は餃子で有名ですので、それらの食べ歩きをして楽しもうというのが主旨でした。1泊の小旅行でしたので、とにかく食べられるだけ食べて宇都宮の餃子を満喫しようと。夜遊びなんてこれっぽっちもする気はありませんでした。

出発予定日の前日から何故かみんなテンションが上がっていて、「早く行きましょう!」と部下のひとりが煽り始めましたので、夜中に東京を出発。朝4時に宇都宮に到着してしまったので、「南大門」という健康ランドで仮眠をとりました。

11時頃から餃子屋は開店し始めていきますので、開いてるお店から順次食べ歩きを実施しました。5~6店舗くらいは行ったと思います。

それからホテルへチェックインして、スーツに着替えて夜の宇都宮を散策し始めました。何故わざわざスーツに着替えたかというと、「シャモニー」という結構有名なバーがあるのですが、そこが正装に近い格好じゃないと門前払いを食らうという噂を聞いていたので。後から地元民に聞いたらそれはガセネタで、Tシャツにビーチサンダルでも余裕で入れるところでしたw

ちょっと洒落た多国籍居酒屋みたいなところで軽く食事を摂ってからシャモニーでカクテルを堪能しました。世界大会に出場したという腕前をもつバーテンダーさんのスペシャルカクテルをいただいてきました。何が世界レベルなのかはさっぱりわかりませんでしたけどw

シャモニーを出て、ほろ酔い気分でオリオン通り(商店街)を男4人で歩いていると、やたら目立つ看板をこさえて客引きしているお店がありました。そこへ部下のひとりが、

部下1「ここはなんのお店?」
客引き「和風パブです」

和服姿のお姉ちゃんが話し相手になってくれるお店だそうです。お酒はビールやウイスキーを含めて飲み放題、女の子のドリンクも無料という今思えば破格のお店です。

私は仙台での苦い思い出が頭によぎったので、

私「イヤ、こんな店じゃなくてもっとまったりできそうな飲み屋探そうよ。」

と言ったのですが、

部下1「面白そうじゃないですか!1セットでいいから入ってみましょうよ!」

彼の下半身はすでにスーツ越しからでもわかるくらいに怒張していたように思います。

料金は45分3,000円。まー3,000円くらいだったらいっかな。

私「しょうがないなー。じゃあ1セットだけだよ。」

そう言って男4人で2階にあるそのお店へと入っていきました。

続く


↓↓応援クリックお願いしますm(_ _)m↓↓

■■債務・借金ランキング■■

■■借金苦ランキング■■

借金ランキングで驚異の返済方法を確認

お店に入ると、畳の部屋に木のテーブルが2つ並んでいました。4人で入ったのですが、あいにく同じ部屋で楽しむことができないということでしたので、2人ずつに別れて別々の部屋へと案内されました。

畳に敷いてある座布団に胡坐をして座ると女の子がやってきました。女の子は浴衣のような姿で、腰に巻いてある紐をとってしまうとすぐにはだけてしまうような格好をしていました。色白の小さい女の子だった記憶があります。

女の子と他愛もない会話を続けていると、

女の子「このお店のシステムってご存知ですか?」
私「ん?なんかあるの?」
女の子「うん。ラムネとウメっていうのがあるの」

ラムネを注文すると腰から上、ウメを注文すると下も下着の上からなら触ってもOKになるというものでした。ラムネは1,000円、ウメは2,000円だったと思います。これは任意なので注文してもしなくてもよしでした。

私「そんなシステムがあるんだー。面白いね。」
女の子「もしよかった私と…」

私とウメしてくださいと言いたかったのでしょう。でもその前に時間がきてしまったようで、別の女の子とチェンジしてしまいました。私は元々する気がなかったのでどうでもよかったんですけどね。

次の子は色黒でちょっとギャル系の女の子でした。私は正直この手のタイプの子が苦手で、外見で判断してはいけないのですが、ちょっと面白くないような態度をとってしまった記憶があります。

部下も対面で別の女の子と話をしています。たまに4人で会話をしたりして場を楽しむようにしていました。別にマンツーマンで話をしなくてはいけないという決まりはないですしね。

で、部下の相手の女の子もチェンジしたのですが、

その女の子が、

私にとって物凄く好みのタイプだったんですw

続く


↓↓応援クリックお願いしますm(_ _)m↓↓

■■債務・借金ランキング■■

■■借金苦ランキング■■

借金ランキングで驚異の返済方法を確認

部屋が別々になってしまったので、「ひとまず」1セットで店を出てきました。

私「ちょっと、部下2についた子めちゃくちゃ俺好みなんだけど」
部下2「まじっすか。だったらそう言ってくれれば交代したのに。」
私「いや、もう一回入れば問題なしでしょ。名前聞いてあるよな?」
部下2「もちろん聞いてますよ!」
部下1「実は僕も最初についた子が気にいっちゃったんですよね(笑)」
部下3「俺も女の子と話したいっす」
私「じゃあもう心はひとつだよな?」
部下一同「とことん付き合います!」

この店はカード払いができないので現金で支払うしかないのですが、私を含めて全員が何故か現金をたくさん持ち歩いていましたwよって2回目の突撃が確定。今度はエンドレスになりそうです。

店に入る前に客引きに2回目なんだから少しまけてくれとしっかりと交渉してから入店。

また2人ずつで別々の部屋になるということだったので、今度は部下1と同じ部屋にはいりました。

私は先ほど部下2についた女の子を指名しました。

女の子「あれ、さっきお会いしましたよね。」
私「ハイ。一目ぼれしたっす。」

客に好意をもたれて嬉しかったのか、彼女とはすぐに意気投合しました。昼間はOLをしていて、週に3回程度この店でバイトしていること、以前東京に住んでいて土地勘があって東京について色々知っていたことなどを聞きました。私のことも親身になって色々ときいてくれました。ものすごい美人で話し上手で聞き上手な彼女に完全にヤラれた感がありましたね。

目の前ではすでに部下1がウメをしていますwそれを見て我慢できなくなった私は、

私「ねぇ…」
女の子「ハイ」
私「ウメください!」
ウメを注文すると本当に梅干がやってきましたwそれが合図で、彼女が私の上に乗っかってきます。浴衣の紐をほどくと、彼女の豊満な胸が露わになって、浴衣で私の姿を覆い隠すように被さってきました。

そして、

一心不乱に彼女の胸にむしゃぶりつきます。「ん、んー。」と軽く吐息しながら私に身を任せています。顔を近づけると、イヤそうではなかったのでそのままキス。舌を絡ませながら私の手はするすると下へ。本当は下着の上からじゃないとダメなんですが、お構いなしに下着の中に手を入れ、彼女の感帯を見つけ、指で優しくなぞります。「はぅっ」彼女の体が反応します。花園の中に指を入れると、濡れているのがわかります。感帯をなぞりながら別の指で出し入れをすると、それに呼応するかのように彼女の体が反応していきます。キスをして、再び胸に吸い付きます。その間も片方の手は彼女の花園を攻め続けていました。

女の子「はぁっ。はぁっ…もう時間だよ。もっとして欲しかったけど…」

至福の時間はあっという間に過ぎてしまいました。ボーイのお兄ちゃんが終了のお知らせを言いに部屋の襖を開けました。

ボーイ「あと5分でお時間となりますがいかがなさいますか?」

私「延長で!

当然の選択でしたw

続く


↓↓応援クリックお願いしますm(_ _)m↓↓

■■債務・借金ランキング■■

■■借金苦ランキング■■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。