年収480万(税込)のサラリーマンが2009年3月27日(金)までに228万円の借金を完済目指して奮闘していきます。(2009年1月27日7ヶ月で完済しました。)

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

借金ランキングで驚異の返済方法を確認
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借金ランキングで驚異の返済方法を確認

以前プロミスを完済したときに、「翌月の返済可能額は当月末の時点で決定する」といったことを書きました。具体的な話をしますと、

12月末時点で手元にある現金は約60万でした。そして12月の残業時間が確定したので、1月の給与がほぼ確定(約38万円)。副収入2万円を含めて計40万の収入が1/23までに入ります。

1月の生活費の予算は183,000円でした。

60万+40万-183,000=817,000円が1月末に残ります。

で、

三菱UFJニコスの残債が利息を含めて366,853円。
JACCSの残債が利息を含めて121,706円で計488,559円

これを全額返済したとしても、817,000-488,559=328,441円が1月末に残ります。

そして2月24日(給料日前日)までに使う現金は約50,000円。

いざというときのプール金で200,000円を残しておいたとしても、まだ78,441円の余裕が残る。

ということで、仮に1月に残業が全くできなかったとしても、2月の返済からはゼロになるので通常の給料+副収入で十分生きていけると判断し、全額返済を実施しました。

ここでのポイントは、

1ヶ月の生活費を正確に把握していること、翌々月の給料日前日までに翌々月の必要現金がいくらなのかをだいたい把握できること、ですね。一寸先は闇になっていない状況だったので、私なりのラストスパートができたんだと思っております。

返済可能額を算出する際の参考になればこれ幸いです。まーでもこれくらいのことはみんなやってますかね。


↓↓応援クリックお願いしますm(_ _)m↓↓


■■債務・借金ランキング■■

■■借金苦ランキング■■

借金ランキングで驚異の返済方法を確認

精神的に辛かったのは8月9月でした。本格返済を開始した7月は、モチベーションが最高潮だったのでアドレナリンが噴出していたんでしょうね。徹夜で残業しても全然つらくなかったし、9ヶ月先に見える自分の状況を想像してわくわくしていましたから。彼女に対しても「こうしたらこんだけ節約できたんだよ」って得意気に話していました。

が、

8月に入ると彼女の態度に異変が起きてきました。彼女のライフスタイルに節約を求めていたわけではないのですが、私の言動がそう思わせたみたいで、「そんなに節約節約言われたら何にもできなくなる」とキレられたことがありました。私が全く飲みに行かなくなったので、彼女も友達と飲みに行くのを控えるようになってしまっていました。

当然私は、そんなとこまで節約しなくてもいいから楽しんでおいで、と言ってなだめるんですけど、私一人で楽しめないと言って遊ぼうとしなくなってしまいました。

彼女には節約のことは話さないほうがいいな、と思い始め、頑張ってるんだよという報告が誰にもできなくなってしまいそれが大きなストレスとなっていきました。そうした意味ではブログに記録していたことはストレス発散となってよかったのかもしれません。逆にブログでしか報告できないから、飽きっぽい私でも継続して記事を投稿できていたのもかもですね。

節約や借金の話をしなくなってからは、彼女も気にしなくなったようで、それからは友達とも飲みに行くようになって安心はしましたけど。

大好きな野球観戦も我慢するようになったことでストレスがたまっていきました。彼女に観戦数を減らす旨を伝えると、「土日は全部行くものだと思っていたのに。勝手すぎる。」と怒られたこともありました。自分の頑張りを理解してくれない彼女に不信感が芽生え始めたのもこの頃です。ただ、返済に対するモチベーションだけは保っていました。

でも、

この2ヶ月間の頑張りのおかげで、金銭的にはかなりの余裕が出てきました。これによって10月は多少野球の観戦数を増やしても大丈夫なようになり、巨人が優勝戦線に残っていたこともあってほぼ例年通りの観戦をすることができました。

が、

度重なる残業、毎週のように彼女の相手をするために彼女の家へと足を運び、疲労が抜けないので別々で寝たい、と言っても許してもらえず我慢しながら一緒に寝て、私が休みで彼女が仕事の日に、自分がやりたかったこと、できなかったことを一気に片付けて…といった生活を続けていったツケが回ってきて、

10月にとうとう風邪でダウンします。仕事は休みませんでしたが。

そして風邪をひいたのにロクに看病もしてくれない彼女に対して、

精神的にも肉体的にも安らげないお前ってなんなの?ホントに俺と結婚する気あるの?

と、それまでの不満を爆発させてしまい、別れ話にまで発展していきました。が、私がどれだけ辛かったのかをやんわりと話したところ、彼女が泣きながら謝って理解してくれたので、元鞘に収まりました。

それから彼女は私の体を気遣うようになってくれ、元々お金を使わないような会い方はしてくれていたので、私にとっては非常にいい方向に進展していきました。次の日が仕事の時は別々で寝てくれるようになりました。

余談ですが、イブの日も次の日が仕事だったのでホテルのベッドはツインでいい?と言ったら快諾してくれましたよ。

肉体的には10月11月あたりが非常にきつく、特に11月は遅番が多く生活のリズムが狂わされ、尚且つ1日の労働時間を延ばさないと残業代が稼げない状況に陥ってしまったので、相当無理して働きました。仕事をしながら意識が飛ぶなんてのはザラで、眠気を覚ますために午前中に会社の無料コーヒーを10杯ほど飲んで午後の仕事に臨むといった無茶なことをしていました。

12月に入ってからもその状況は変わりませんでしたが、9ヶ月完済の目処が完全についたこと、過払い請求によって、懸念していた結婚資金捻出の目処がついたことが重なったこと、残業三昧の生活に慣れてきたこともあって、再びモチベーションが上がっていきました。とにかく一日でも早く完済させたい、という衝動に駆られまくった時期ですね。


辛い時期ばっかりだったような気もしますが、今思えばいい思い出です。


↓↓応援クリックお願いしますm(_ _)m↓↓


■■債務・借金ランキング■■

■■借金苦ランキング■■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。